姓名判断と印鑑

イメージ画像

世の中にはいろいろな占いが氾濫しています。わかりやすい所では人相、手相、姓名判断、星座占いなどなど。でも印鑑にも印相がある事は知ってましたか?印鑑はあらゆる場面で活躍しています。
一つの会社の中に会社名がはいったゴム印、銀行との取引に使う銀行印、法人なら代表者印というふうに各種の印鑑が必要となりますが、もし印鑑で運が開けるかもしれないとしたら、社名を考えるのと同じくらいの真剣さで印鑑屋さんにお願いするでしょう。
実際に印鑑屋さんの中には性命学を学んでいる人も多いそうです。

宅急便の受け取りなどに使う認め印でさえもオリジナルにこだわる人から百円均一でついでに買っておく人まで様々ですが、やはり銀行印くらいはこだわりたい物です。
たとえば捺印したときに外側のわくに少しでもかけた部分ができていたとしたらどうでしょう?
いかにもお金が逃げていきそうな気がしませんか?
法人ならなおさらですが、個人の名前の印鑑でさえもあのわくの中に小さくポツンと彫られていたら、いかにも幸薄そうな、ひとりぼっちでいるような気がしませんか?

印鑑は自分を表すツールであり、生活のいろいろな場面に登場する仲間です。
毎日使うものではないし、自分の名字が日本人で三番目に多い名字だとしても自分の分身に変わりはありません。ぜひ愛着をもって印鑑と共にすごしていただきたいと思います。
たとえば名字が変わるとき、それがうれしいことであっても寂しい気がする位には是非愛着を持ってやっていただきたい所です。

このページの先頭へ